筋トレの効果が実感できるまでの時間を早める方法とは?

どうも、管理人のタッキーです。

今回は、筋トレの効果が出るまでの時間を考えていきたいと思います。

筋トレを始めようか止めるか迷う理由としては、結果が出るかわからないというものがあると思います。

人間が行動を起こすか起こさないかを決める上で、実現可能性があるかどうかということは重要な要素の一つですので、当然といえば当然です。

なので、今回は、筋トレで身体が変わるという実現可能性について知っていただき、筋トレを始めたり続けたい気持ちになっていただければ幸いです。

筋トレの効果を一日で感じる方法はある

「パンプアップするボディビルダーパンプアップするボディビルダー」[モデル:パルンボ井若]のフリー写真素材を拡大

結論から言って、筋トレの効果を一日で感じることも不可能ではありません。

なぜなら、筋肉はパンプアップするからです。

パンプアップとは、ある一定の箇所の筋肉を収縮させることにより、そこにエネルギーを届けるために血液やリンパ液が集中して流れ込む現象のことです。

これによって、筋肉が一時的に大きくなるのです。

筋トレの直後に鏡を見るのが一番わかりやすいと思います。

上手くいけば、5kg程度筋肉が増えた状態に見せることも不可能ではないと思います。

ただし、パンプアップをうまく引き起こすのには、きちんと狙った筋肉に負荷を乗せることが必要になります。

この感覚をつかむのに時間がかかる人と、割とすぐにできてしまう人がいるのも事実です。

なので、筋トレ歴が浅い方は、負荷を比較的乗せやすいマシンを使ってトレーニングしていくのも一つの手です。

ある程度キャリアがある方だと、バーベルやダンベルを使っても、できてしまうと思います。

トレーナーにフォームを教わりながらやるなど、工夫をしてみてください。

筋トレ好きの中にも、ジムで鍛え終わった時に身体を鏡でチェックすることがモチベーションにつながる人が多くいると思います。

それくらい、パンプアップは魅力的なことなのです。

筋トレをやってみる上で、パンプアップはぜひ体感してみてほしいです。

実際に筋トレの効果が出て見た目が変わるまでの時間はまちまち

「廃校で見かけた備品廃校で見かけた備品」のフリー写真素材を拡大

あいまいかもしれませんが、こればかりは本当にまちまちです。

効果が出るのに様々な要因が絡むからです。

先ほど述べたような狙った筋肉に効かせる技術も一つの要因です。

栄養の摂取の状況なども絡んできます。

筋肉を限界まで追い込めるかということもそうです。

筋肉が大きくなるような環境を如何にうまく作るかで、すぐに効果が出る人がいる一方で、いつまでたっても効果が出ない人もいます。

一度にたくさんの要素をクリアしようとしても挫折してしまうかもしれないので、始めたばかりのころは、以下の三つを意識していればよいかと思います。

一つ目は、筋トレをした後にプロテインを飲むことです。

筋トレによって疲労した筋肉を立て直すために必要なたんぱく質を補うためです。

二つ目は、一回一回全力で持ち上げることです。

初心者のうちは、重量の設定がしづらいと思います。

目安が分からないからです。

例え負荷が軽すぎたとしても、一回一回を力いっぱいあげれば、それなりの負荷はかかります。

挙上スピードの二乗に比例して、必要とされるエネルギーが増えるからです。

二倍のスピードで持ち上げれば四倍のエネルギー、三倍のスピードで持ち上げれば九倍のエネルギーが必要となるということです。

こうすることで限界まで追い込みやすくなるでしょう。

三つめは、食間を五時間以内にし、間食にたんぱく質を摂ることです。

たんぱく質を人間の身体に貯蔵できないので、こまめに摂るという意味合いがあります。

また、日本人の平均的な食事だと、必要なたんぱく質量の半分しか摂れていないといわれています。

一度に食べられる量にはどうしても限界があるので、食事の回数を増やすことで対処するという意味もあります。

食事と言っても、たんぱく質さえ取れればいいので、プロテインを飲むだけでも構いません。

おすすめの間食としては、サラダチキンやあたりめ、ちくわなど、肉や魚介類です。

コンビニでお菓子を買う代わりにそれらの食品を買ってみてください。

三つやるのが厳しければ、一つか二つでも構わないのでやってみてください。

効果が出るまでの時間が早まるはずです。

上手くできないことは誰でもつまらなく感じると思います。

なので、身体を変えたいのであれば、早く結果が出るように最善を尽くすべきです。

そうすれば、続けやすいと思います。

これから筋トレを始める皆さんの健闘を祈ります。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です