筋トレの効果が出ない人に見直してほしい食事に関する3つのこと

どうも、管理人のタッキーです。

今回は、筋トレの効果が出ない人に食事の面で見直してほしいことを書いていきます。

行き詰っている方々の参考になればと思いますので、ぜひ読んでみてください。

カロリーが少なすぎる

「お腹が痛い女性お腹が痛い女性」[モデル:Lala]のフリー写真素材を拡大

筋トレを始めるきっかけとして、体型を変えたいと思う人は多いのではないかと思います。

その中でも、太っていた人が痩せたいと思う場合にこのミスは起こりがちです。

私が筋トレを本格的に始める際も、太った自分でいたくないと思ったことが大きいです。

高校受験の際、部活をやっていたころの勢いで食べ続け、受験勉強中に15kg太ったことは、今でも忘れられません。

そういった感じで、太ったことが脳裏に焼き付いていたため、筋トレを始めた当初の食事はひどいものでした。

例えば、昼食がコンビニのサラダとプロテインバーだけだったというような感じです。

当然、体重は落ちましたが、思うように筋肉は増えませんでした。

太りにくく健康な身体になったわけではありませんでした。

このような感じになっていないか、今一度確かめてみてください。

また、食が細く、体重が増えにくい人が、頑張って食べてもカロリーが足りないという場合もあります。

カロリーの手軽な稼ぎ方としては、マルトデキストリンを使うことです。

間食にプロテインと一緒に飲むことをお勧めします。

ほぼ炭水化物で構成された粉末ですので、カロリー稼ぎに最適です。

一度に無理してたくさん食べる必要はないので、こまめに補給していくべきです。

水分補給と同じです。

粉飴の購入はこちらからできますので、ご興味があればどうぞ。

炭水化物の比率が多すぎる

「低カロリーでも大満足「大盛りダイエットカレーつけ麺」低カロリーでも大満足「大盛りダイエットカレーつけ麺」」のフリー写真素材を拡大

筋トレをして、その後にプロテインを飲むだけで満足している人に起こりがちなことです。

なおかつ、普段の食生活を、丼ものやラーメンという一品もので済ませがちな人に起こります。

最低でも、筋トレをする人なら、一日にたんぱく質を、(体重×2)gは摂取すべきです。

ほとんどのメニューが炭水化物と脂質がメインですので、筋トレをする人に適した食事とは言えません。

おすすめなのは、メインがたんぱく質な食事です。

高価にはなりますが、外食だと、ステーキや焼き肉といったところだと思います。

自炊をする場合は、鶏胸肉を業務用スーパーでまとめ買いしておいて、調理するのがおすすめです。

安価でたんぱく質の含有量も多いです。

100グラムで、およそプロテイン一杯分のたんぱく質が摂取できます。

他には、卵もおすすめです。

卵は、たんぱく質と脂質でできています。

脂質の摂取を控えたい場合は卵白だけを食べる感じになりますし、特に気にしない場合は卵黄もまとめて食べるような感じになるかと思います。

肉・魚・卵の三種類の食材を意識して摂取するように献立を組み立ててみてください。

格段にたんぱく質の摂取量が増えるはずです。

食間が長い

「大きなあくびをする猫大きなあくびをする猫」のフリー写真素材を拡大

朝昼晩の三食だけで食事を済ませるという感覚では、筋トレの成果は最大化できません。

朝と昼の間は比較的食間が短い傾向にある人が多いと思いますが、昼と夜の間は空きがちなのではないでしょうか?

七~八時間くらい空く人も多いのではないでしょうか?

食間の目安として、五時間以上空けないようにしてください。

そして、たんぱく質を補給していきましょう。

そうしないと、筋肉の合成を分解が上回り、結果として筋肉量が減少します。

いわゆる、カタボリックです。

コンビニなどで手軽に手に入るものとしては、サラダチキンがおすすめです。

プロテインバーやプロテインパウダーでももちろん問題ありません。

おにぎりなどのメインが炭水化物のものや、菓子類のような糖と脂質の塊のようなものは間食に適さないので、気を付けてください。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です