三角筋前部に効かない人がチェックすべきたった二つのこと

どうも、管理人のタッキーです。

今回は、三角筋前部の筋トレについて書いていきたいと思います。

私は、肩の筋トレの中で、三角筋前部が最も苦手でした。

胸の筋トレも得意ではなかったので、比較的身体の前面の筋トレを苦手にする傾向があります。

ただ、経験を積む中で、コツをつかむことができました。

そのコツとは、ひじの向きと姿勢です。

詳しく解説していきます。

三角筋前部は、ひじを正面に向けて効かせる

ひじを正面に向けると、三角筋前部に効かせやすくなります。

フロントレイズのような、レイズ系の種目では、ひじは身体の正面に上がってくるはずです。

それなのに、ダンベルプレスなどのプレス系の種目になると、ひじが身体の真横にくる人がいます。

一貫性を持たせたほうが良いように感じます。

同じ三角筋でも、中部の種目でひじの向きを考察すると、さらにわかりやすいです。

サイドレイズの際、ひじは身体の横に上がってきます。

少なくとも、真正面に上がることは考えにくいです。

そして、バーベルを使ったアップライトロウなどの他の種目でも、基本的にひじは身体の横に上がってくるはずです。

三角筋中部には一貫性があるのに、前部には一貫性がないのは不自然ではないでしょうか?

三角筋前部に効かせるには、背筋を伸ばす

「背筋を伸ばすWebエンジニア背筋を伸ばすWebエンジニア」[モデル:Tsuyoshi.]のフリー写真素材を拡大

背筋を伸ばすというのは、肩甲骨を内側に寄せて胸を張って立った状態で鍛えるということです。

これは、三角筋前部に限った話ではありません。

三角筋を鍛えるときには気を付けるべきポイントです。

僧帽筋を関与させないためには、背筋を伸ばすべきなのです。

僧帽筋は、首の付け根から肩甲骨の内側まである大きな筋肉です。

そして、力も強いです。

人間は、楽をしたい生き物です。

楽をしようとすれば、強いものに頼ります。

なので、三角筋を鍛えるときにそばにある僧帽筋を使わない工夫をしなければ、僧帽筋が発達します。

三角筋中部を鍛えるときに苦労されている方が多いように思います。

僧帽筋に効かせたくないのであれば、スタートポジションで収縮させてしまえばいいのです。

三角筋前部におすすめの種目はアーノルドプレス

ひじの向きが自然に正面を向くという意味でおすすめです。

動画のように、正面に手の甲を向けた状態でダンベルを持ちます。

そして、手のひらを正面に向けながらダンベルを持ち上げるというように行います。

ベンチには持たれるように座るのは止めましょう。

背もたれには骨盤と背中の上部が触れるように座ります。

感覚としては、背中にアーチを作る感覚です。

胸を張って座れば自然にできますので、やってみてください。

三角筋前部を発達させて、迫力のある三角筋を作っていきましょう。

種目名にもある、アーノルド・シュワルツェネッガーを目指して頑張っていきましょう!!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です