リアレイズがどうしても効かない人が試すべきこと

どうも、管理人のタッキーです。

今回は、リアレイズについて書いていきます。

リアレイズは、三角筋後部を鍛える代表的な種目です。

しかし、効かせるのが難しいという声が多い種目でもあります。

今回は、そんなリアレイズを効かせるための工夫について書いていきます。

リアレイズを、ベンチを使って行う

ベンチを使うのは、代表的な工夫の一つです。

ベンチなしでリアレイズを行う場合、前傾姿勢をとって行います。

このとき、姿勢を維持するのに肩以外の場所を意識する必要が出てきます。

腹筋等のいわゆる「体幹」と呼ばれる場所に力が入るでしょう。

そして、意識がそちらに逃げてしまう人もいるのではないでしょうか?

そんなときにベンチを使ってほしいのです。

上の動画は、ベンチに額をつけて行うヘッドサポーティッドリアレイズです。

下の動画は上体をベンチに沿わせて行うインクラインダンベルリアレイズがあります。

これらの種目では、ベンチを支えにして姿勢を作るので、三角筋後部に意識を集めやすいという特徴があります。

通常のダンベルリアレイズで姿勢が安定しない人は試してみるといいと思います。

ライイングリアレイズで、三角筋後部をストレッチさせる

上の動画のようにして行う、ライイングリアレイズという種目があります。

フラットベンチに寝て行うリアレイズのことです。

他の種目との大きな違いは、スタートポジションで三角筋後部がストレッチすることです。

筋肉は伸ばされている状態なので、自ずと意識はしやすくなるはずです。

さらに、通常より伸ばされた状態から筋肉を縮めてダンベルを持ち上げます。

なので、同じ重量のダンベルを持っていても、通常のリアレイズよりも筋肉が縮む度合いが大きくなります。

したがって、軽いダンベルを大きな力で扱うことになります。

これは、怪我の予防に効果的です。

重さが軽い分、関節にかかる負担が減るからです。

野球の投手に、通常よりも重い球を投げさせると、肩やひじを簡単に故障します。

このことからも、いかに扱うものの重さが関節に影響を与えるかが想像できるはずです。

また、同じようにストレッチさせた状態から始めることは、ケーブルマシンを用いる方法もあります。

ベンチに寝るか、ケーブルを使うか、好きな方を試してみてください。

リアレイズは、胸を張って行う

「背筋を伸ばすWebエンジニア背筋を伸ばすWebエンジニア」[モデル:Tsuyoshi.]のフリー写真素材を拡大

最後に、三角筋後部を鍛えるすべての種目に当てはまることを説明して終わります。

胸を張ってください。

肩甲骨を寄せる意識でも良いです。

胸を張らずに猫背の状態ですと、肩甲骨は開いた状態になります。

すると、肩甲骨を寄せながら持ち上げる危険が出てきます。

肩甲骨を寄せる動きは、僧帽筋が主導します。

ターゲットではない筋肉に負荷を逃がすこと負荷を逃がすことは、筋トレにおいて厳禁です。

筋肉は、縮みながら力を発揮するので、最初から縮めておけば力は発揮できないのです。

ぜひ意識してみてください。

三角筋後部を鍛え、丸みのある肩を作っていきましょう!!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です