アームカールの記事第三弾!今回はハンマーカールについて解説!!フォームは?重さの選択は?効果は?腕相撲が強くなる?

どうも、管理人のタッキーです。

今回もアームカール関連の記事を書きます。

前々回はバーベルカール、前回はプリチャーカールについて解説しましたが、

今回はハンマーカールについて解説します。

ハンマーカールは、手のひらを完全に内側に向けて行う唯一の腕の種目であり、

上腕筋に強い効果をもたらします。

プリチャーカールよりも上腕筋にフォーカスした種目と言えるでしょう。

なぜなら、上腕二頭筋は手のひらを上に向けて力こぶを作った作ったときに

もっとも強い力を発揮するのに対し、

上腕筋は手のひらがどの角度を向いていても一定の力を発揮する性質があるからです。

ハンマーカールのフォーム・重さについての考え方

上の動画は、ハンマーカールの手順を説明したものです。

ハンマーカールの最大の特徴は、

手のひらを内側に向けてアームカールを行うということです。

これがいままでに紹介したバーベルカールプリチャーカールとの大きな相違点です。

コツとしては、

・足は腰幅に開く。

・動作の初速よりも終速を速くする。

・なるべく速く拳上する。

・ひじを動かさない。

といったことがあげられます。

足を腰幅に開く理由はバーベルカールのときと同じで、

下半身の力を利用して負荷を拳上しづらくするために足の幅を狭くするが、

身体のバランスを崩さない程度に開くということです。

そしてその結果が腰幅だったということです。

動作の初速よりも終速を速くするのは、

これもバーベルカールの時と同じ理由で、

反動を使うのを防ぐためです。

反動を使って無理な重さを挙げるということは、

動作の終了まで力を保てずに、

終速が必ず失速するからです。

なるべく速く拳上する理由もバーベルカールと同じで、

物体を持ち上げるときの運動エネルギーが、

物体の重さに比例すると同時に速さの二乗に比例するからです。

なので、ある程度扱える重量が増えたら、重さよりも速さを重視してください。

ひじ関節のけがの予防にも効果的です。

ひじを動かさないのも、反動を使わないためです。

プリチャーカールを思い出してください。

ひじは動いていないはずです。

プリチャーカールの特徴として、身体が固定されて反動を使いづらいということがあります。

それと同じことです。

ハンマーカールで腕相撲が強くなる?

僕は、ハンマーカールを行うことで腕相撲が強くなると考えます。

なぜなら、腕相撲での力の発揮の仕方と、

ハンマーカールでの力の発揮の仕方が似ているからです。

腕相撲は手のひらを真横に向けて、相手の腕を自分のほうへと

引き倒すようにして力を発揮します。

ハンマーカールでは、手のひらを真横にして腕を曲げます。

腕相撲とハンマーカールの動作が似ていることがわかると思います。

なので、ハンマーカールは腕相撲に効果的なのではないでしょうか?

ハンマーカールについてのまとめ

ハンマーカールは、上腕筋の強化にうってつけの種目です。

腕相撲に強くなる効果もあると考えられます。

ぜひ取り組んでみてください。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です