ダイエットの味方となるサプリメントの紹介!選ぶときの基本的な考え方は?どんな成分が含まれている?おすすめは?

どうも、管理人のタッキーです。

最近は上腕二頭筋に関する記事ばかり書いていましたが、

久々に違うテーマで記事を書きます。

最近、暑くなってきましたね。

最高気温が20度を超える日もあります。

長袖をまくって着たり、半袖を着る日が増えてきたのではないでしょうか?

そうなると、寒い季節に比べて薄着になるということですから、

身体のラインがわかりやすくなるのではないでしょうか?

そうなると、ダイエットをしなくてはという気持ちになる人も

増えてくるのではないでしょうか?

そういうわけなので、今回は僕のダイエットサプリメントに対する

考え方を書いていきます。

ダイエットサプリメントは主に二種類に大別される

ダイエット系のサプリメントは、身体へのアプローチの仕方からして、

主に二種類あります。

ひとつは、運動をしなくても痩せるようにする種類のものです。

例えば、栄養素の吸収を防ぐものが代表的です。

商品名をあげると、ファンケルのカロリミットや、

ゴールドジムのファットブロックがこれに当てはまります。

これらのサプリメントの特徴として、脂肪を吸着する働きがある成分が使われています。

カロリミットではキトサンが使われ、

ファットブロックではキトサンの代わりにリボサンウルトラという成分が使われています。

また、最近はやりの酵素サプリは、酵素が新陳代謝を促す働きがあり、

酵素が年齢とともに減少するということに着目した商品です。

もう一つは、運動時の脂肪の燃焼効率を上げるものです。

商品の例として、DNSの4ウェイメガバーンや

ゴールドジムのアルティメットファットバーンがあります。

このようなサプリメントの特徴は、運動中に体脂肪をエネルギーとして

使いやすくする成分が配合されているということです。

具体的には、カルニチンやコエンザイムQ10がそうです。

カルニチンやコエンザイムQ10については、後日詳しく解説します。

おすすめのダイエットサプリメント

僕が運動をしなくても痩せられるタイプと運動時の体脂肪の燃焼効率を上げるタイプの

どちらをおすすめするかというと、体脂肪の燃焼を促進するタイプです。

もし、前者のタイプのサプリメントを摂ったことにより、

栄養素の吸収を妨げてしまい、

タンパク質をはじめとする代謝の源である筋肉の形成に役立つ

栄養素まで吸収を妨げられたら困りものです。

また、体内の酵素は年齢とともに減少しますが、

体内に酵素が十分にある若い人が飲んだら効果は出るのでしょうか?

また、酵素サプリの商品レビューで、「○kg痩せました!」みたいなものばかり見ますが、

はっきり言って僕はこのような感じの宣伝が嫌いです。

なぜなら、ダイエットの効果は数字が体重の減り方がすべてではないからです。

容姿の変化がすべてだからです。

体重の減り方がすべてなら、酵素サプリなんかにお金をかけず、断食すればいいのです。

ただ、断食をすると、栄養不足によって代謝の源である筋肉が失われ、

太りやすい身体になるので、リバウンドの原因になります。

では、容姿を重視する僕がダイエットの基準にする数値は何かというと、

体脂肪率と除脂肪体重です。

体脂肪率が減り、除脂肪体重が変わらないか増えればよいのです。

体重そのものの増減についてはあまり気にしません。

りなみに、除脂肪体重とは、体重から脂肪の重さを引いた数値です。

筋肉の密度は脂肪の密度よりも高く、

筋肉質な人は実際の体重よりも細く見え、

脂肪質な人は、実際の体重よりも太って見えます。

なので、よりスタイルをよく(太っていないように)見せるには、

脂肪を減らして筋肉を増やして見た目をよくすればよいのです。

以上を踏まえると、

僕がダイエットサプリメントを選ぶとしたら、

筋肉にいきわたる栄養素の吸収を妨げるようなものや、

体重の減少ばかりを宣伝するようなものは使いたくないです。

みなさんがどのようなダイエットサプリメントを使うか

迷った時の参考になることを祈っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です