なかやまきんに君のマグマスパゲティをまじめに解説してみた。bgmは?ボディビルのポージングの名前は?ボディビルのことなどの来歴についても簡単に紹介!

どうも、管理人のタッキーです。

久々になかやまきんに君のネタの動画をYouTubeで見ていたら大笑いしてしまいました。

このとき、なかやまきんに君のネタはもちろんボケの一環として存在するわけですが、

そのボケをあえてまじめに解説するとどんな記事になるのか疑問に思ったので、

実際に記事にしてみました。

なかやまきんに君のプロフィールやボディビルの成績

なかやまきんに君の本名は、中山翔二さんといいます。

生年月日は1978年9月17日です。

すなわち、現在38歳です。

芸風としては、筋肉質な身体や高い身体能力を活かした芸が目立ちます。

今回解説するマグマスパゲティも、筋肉質な身体を活かした芸です。

どれくらい筋肉や身体能力がすごいかというと、

東京オープンボディビル選手権の75キロ級で

二年連続で(2015年、2016年に)二位に輝いています。

また、TBSで特番として放送されているオールスター感謝祭の赤坂五丁目ミニマラソンで

2012年の春に優勝しています。

こんな感じで、なかやまきんに君は、大きな身体で運動能力も高いという、

まさにフィジカルエリートです。

マグマスパゲティとは?

マグマスパゲティとは、簡単に言うと、筋肉料理研究家マグマ中山(なかやまきんに君)が、

スパゲティミートソースに大量の粉チーズをかけるというネタです。

文字にしてしまうと、大変つまらなさそうなネタですが、

映像を見れば、大変面白いネタだということがわかると思います。

なぜ面白いかというと、筋肉料理研究家マグマ中山(なかやまきんに君)の

粉チーズのかけ方が面白いからです。

そして、今回の記事のメインは、

この面白い粉チーズのかけ方をまじめに解説することです。

まず、この粉チーズのかけ方が何をモチーフに作られているかというと、

ボディビルのフリーポーズをモチーフに作られています。

フリーポーズとは、ボディビルの大会で、出場者が決めた曲にのせて

ポージングを披露するというものです。

ボディビルの大会には、フリーポーズのほかにも、

全員で同じポーズをとる規定ポーズという審査があり、

フリーポーズでは、規定ポーズでとるポーズの間に、

独自のつなぎの動きを入れながら曲に合わせてポージングします。

今回のネタで使われている曲は、

Bon Joviの、It’s my lifeです。

なかやまきんに君のことを知っている人なら、

彼の代名詞的な曲として認識しているでしょうし、

ジムで流れていると、筋トレのモチベーションが上がる曲だと思います。

今回の筋肉料理研究家マグマ中山(なかやまきんに君)の動画で

とられたポージング(規定ポーズ)を文字にしてみると、

登場→モストマスキュラー→ダブルバイセップス→ラットスプレッド

→バックダブルバイセップス(上体をひねるというアレンジが加えられている)

→サイドチェスト→「やーい!!!!」と叫ぶ→マグマスパゲティの概要の紹介

→モストマスキュラー→ダブルバイセップス→ラットスプレッド

→バックダブルバイセップス(上体をひねるというアレンジが加えられている)

→サイドチェスト→「やーい!!!!」と叫ぶ(このときに粉チーズをスパゲティにかける)

→同じ流れをを串カツを手に持ち、ビンに入ったタレに放り込むという形式で行うが、

ビンに串カツが入らない(個人的にはここが一番お気に入り)というオチを付け、

ネタを終える

といった感じになります。

単調で長ったらしい説明になってしまったので、

一応赤字にしてみました。

まとめると、ネタに出てくるポージングは、

・モストマスキュラー

・ダブルバイセップス

・ラットスプレッド

・バックダブルバイセップス

・サイドチェスト

の五つで、これをIt’s my lifeにのせておこないます。

では、ポージングについて一つずつ解説します。

モストマスキュラー

モストマスキュラーは、上の写真のようなポーズで、

その名の通り、すべてのポージングの中で最も強そうに見えるポージングだと思います。

なぜなら、大胸筋・僧帽筋・上腕二頭筋・三角筋・腕橈骨筋・大腿四頭筋などといった、

正面から見えるすべての筋肉が強調されるポーズだからです。

ダブルバイセップス

ダブルバイセップスは、この写真のように、両腕の上腕二頭筋(ちからこぶ)を

強調するポーズです。

当然、審査員や観客の視界に入る、

大胸筋や腹直筋などの正面から見える筋肉にも力を入れています。

上腕二頭筋の盛り上がりや、背中の筋肉が作る逆三角形の身体など、

見られるポイントが多いのがこのポーズの特徴だといえるでしょう。

ラットスプレッド

ラットスプレッドは、その名の通り、背中(広背筋)を広げて、

背中の広さをアピールするポーズです。

いわゆる逆三角形の身体は背中の筋肉の広がりが作るといっても過言ではなく、

いかに逆三角形の身体であるかが重要なポーズだと思います。

バックダブルバイセップス

バックダブルバイセップスは、先ほど紹介したダブルバイセップスを

観客に背中を向けて行うものです。

主に背中全体の筋肉を強調します。

背中に鬼の顔のような模様が現れるのが特徴で、

これがバックダブルバイセップスの最大の見せ場です。

サイドチェスト

サイドチェストは、横を向いてするポーズなので、

身体の厚みや、大胸筋の間の溝や三角筋や腕のたくましさを強調します。

今回は以上です。

なかやまきんに君のことと、彼の持ちネタのマグマスパゲティのことと、

そこに出てくるポージングについて書いたら長々とした記事になってしまいましたが、

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です