瞬発力を高めるプライオメトリクス(プライオメトリック)ってどんなトレーニング?野球やサッカーなどに効く?

どうも、管理人のタッキーです。

今までに僕が書いた記事というのは、

ウエイトトレーニングの種目のやり方に関する記事がほとんどでしたが、

今回は、スポーツ動作でウエイトトレーニングで鍛え上げた筋力を

最大限に発揮するためのトレーニングを紹介します。

それは、プライオメトリクス(プライオメトリック)です。

プライオメトリクス(プライオメトリック)は、瞬発力の向上に効果がります。

スポーツの動作では、走る速さや、バットのヘッドスピード、キックの強さ、

パンチの強さ、ジャンプ力、投げる球の球速など、

瞬発力を発揮するすべての動作に効果を及ぼすでしょう。

それでは、解説していきます。

プライオメトリクス(プライオメトリック)とは?

プライオメトリクス(プライオメトリック)は、ざっくりいうと、

SSC(Short Stretching Cycle・ショートストレッチングサイクル)を

うまく利用する訓練をするトレーニングです。

この文章だけ読んでも何が何だかほとんどの人はさっぱりわからないと思います。

(SSCが何なのかがよくわからないと思います。)

SSC(Short Stretching Cycle・ショートストレッチングサイクル)とは、

筋肉が伸長し、これ以上伸長したら困る(断裂するような)状態になると、

防衛本能から、大きな力で収縮します。

この一連の流れがSSC(Short Stretching Cycle・ショートストレッチングサイクル)です。

身近なたとえを使うと、筋肉がゴムの伸び縮みのような感じで力を発揮するということです。

これをうまく使えれば、小柄で華奢な身体つきでも、

大柄ではあるが、SSC(Short Stretching Cycle・ショートストレッチングサイクル)が

うまく使えない人よりも速いボールを投げられたり、強いキックができたりします。

SSC(Short Stretching Cycle・ショートストレッチングサイクル)をうまく使えない、

身体が大きな人の筋肉を指して、「見せかけの筋肉」と呼ぶようですが、

筋肉自体は見せかけではなく、筋力を発揮するのです。

ただ、筋肉の持ち主(身体の大きな人)が

うまくSSC(Short Stretching Cycle・ショートストレッチングサイクル)を

使えていないだけなのです。

ちなみに、一般的なウエイトトレーニングでは、

SSC(Short Stretching Cycle・ショートストレッチングサイクル)を

いかに利用せずに負荷を持ち上げるかが重要になります。

なぜなら、SSC(Short Stretching Cycle・ショートストレッチングサイクル)を

うまく使ってしまうと、本来の自分の筋力以上の力を発揮してしまい、

負荷を身体をうまく使って持ち上げるトレーニングになってしまい、

狙った筋肉にいかに集中的に負荷を与えるかという

ウエイトトレーニングの本来の目的を逸脱するからです。

筋力そのものを向上させるウエイトトレーニングと、

筋肉の使い方を改善することで瞬発力を向上させる

プライオメトリクス(プライオメトリック)は、別個のものとして考えてください。

プライオメトリクス(プライオメトリック)には、どんなメニューがあるのか?

どんなメニューがあるのかということですが、

跳んだり、メディシンボールを投げたり、

素早いステップを踏んだりと、瞬発力を要求されるが、

ウエイトトレーニングのようにそれほど重い重量は使わないという特徴があります。

(ほとんどのメニューはダンベルなどの負荷を用いません)

少しだけ種目を紹介します。

例えば、メディシンボールを使うものだと、動画の前半のような感じで、

ボールを手にもって下半身から始動して、

全身の力を使って投げるといったようなものが一般的です。

自重で行うものとしては、下に動画を貼った、

スクワットジャンプなどがあります。

また、行うときの注意点ですが、プライオメトリクス(プライオメトリック)は、

腱や関節に強い負荷がかかるトレーニングなので、

きちんとウエイトトレーニング基礎的な身体の強さを養ってから行うようにしてください。

プライオメトリクス(プライオメトリック)は、どんなスポーツに効果があるのか?

基本的には、瞬発力を必要とする局面が存在するスポーツにはすべて効果を発揮します。

野球・サッカー・アメフト・短距離走選手・陸上のフィールド競技・バレーボールなど、

ここには書ききれないくらいあるのではないでしょうか?

スポーツの能力をあげるのに役立ててみてください。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です