市原隼人の筋肉の鍛え方を考察してみた(画像あり)!

どうも、管理人のタッキーです。

私は、筋トレが好きなので、筋肉があってかっこいい俳優にも注目しています。

その一人が、市原隼人さんです。

現在放送中の大河ドラマである、「おんな城主 直虎」に出演されています。

市原さんは傑山という臨済宗の僧侶の役で出演しています。

僧侶ではあるものの、小牧・長久手の戦いに参戦しています。

傑山は弓が得意で、羽柴秀吉方である池田恒興と森長可の軍を負かすのに一役買いました。

マッチョな市原さんにぴったりの役だと思います。

兵士もこなす僧侶が様になる市原さんの筋肉がどうやって作られたのか気になりませんか?

というわけで、今回は、市原隼人さんの筋肉につい書きたいと思います。

市原隼人とは?

市原隼人さんは、1987年2月6日生まれで、現在30歳です。

身長は171cmで、それほど高いほうではありません。

所属事務所はスターダストプロモーションです。

代表作は、安仁屋恵壹を演じた「ROOKIES」や、

猿丸耶太郎を演じた「猿ロック」などです。

市原隼人の筋肉がすごい!

まずは、現在出演している「おんな城主 直虎」での市原隼人さんをご覧ください。

前腕の筋肉や肩幅の大きさが目を引きますよね!

次は、市原さんの大胸筋のたくましさが分かる画像です。

これは、ドラマのワンシーンですが、大胸筋の盛り上がり方からして、普段から身体を鍛えているというのがわかると思います。

袈裟を着ているときよりも、ジャケットを着た時のほうが肩幅は大きく見えると思います。

その画像がこちらです。

こんな感じで、ジャケットを着ると、

より逆三角形のたくましい身体のラインが際立つと思います。

スーツが似合う男性は、男の自分がみてもかっこいいと思います。

僕も、スーツが似合うような大人の男になりたいです。

そんな話はさておき、市原さんの筋肉の話に戻ります。

「不機嫌な果実」の撮影の時よりも身体が絞れている画像を掲載しました。

腕の血管や背中に目が行きますね。

二年前の2014年には、「黄金のバンダム」を破った男~ファイティング原田物語~で

ファイティング原田を演じました。

ボクサーを演じられる俳優は、筋肉がある程度あって、

しっかりと身体が絞れていないと到底務まりません。

僕が今まさに身体を絞ることに取り組んでいますが、

とても難しい作業です。

特に、体重や脂肪の落ち方が低下した時に

どう乗り越えるかということが難しいように思います。

さて、タイトルに書いた通り、

ここからは市原隼人さんの筋肉の鍛え方を考察したいと思います。

市原さんのスポーツ歴は、2歳のころに水泳を始め、

3歳のころに器械体操を始めたとのことです。

幼いころから体幹の強さが必要とされる競技に取り組んできたということで、

体幹はかなり強いのでしょう。

それが俳優として高校球児やボクサーを演じる助けになっているのだと思います。

また、体幹が強いと、肉体改造がうまくいきやすいです。

なぜなら、ベンチプレスデッドリフトスクワットをはじめとする

フリーウエイトで身体を鍛える場合、

身体がぶれないように体幹に力を入れて固定する必要性が生じるからです。

(バーベルやダンベルの可動域がマシンで行う種目のように

外部から規制されない種目のことをフリーウエイトと呼びます。)

なので、市原さんは、フリーウエイトを中心に身体を鍛えているのではないかと思います。

筋肉を鍛えると、洋服がかっこよく決まるので、

ただでさえイケメンの俳優が筋肉を鍛えたら鬼に金棒だとおもうので、

市原さんのように、身体をストイックに鍛える日本の俳優がもっと増えてほしいものですね。

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です