体重計が算出した体脂肪率って正確?大切なのは見た目!

どうも、管理人のタッキーです。

ダイエットをしていると、どれだけ体脂肪が落ちたかは誰しもが気になることだと思います。

そんなとき、体脂肪率の計測機能の付いた体重計に乗ったら、

体重が減ったのに体脂肪率が増えたりとか、

体重も体脂肪率も増えたりすると、

テンションが下がると思います。

なぜなら、ダイエットに取り組んでいるのに、

その目的とは逆の方向に体型が変化しているというデータが出るわけですから。

でも、そのデータが本当に正しいかはわからないのです。

どういうことかはこれから説明していきます。

体重計の体脂肪率の測定機能(体脂肪計)って正確?

まず、体重計が体脂肪率を測る仕組みについて解説しようと思います。

体脂肪率の測定機能が付いた体重計を買ってまずやることといえば、

ユーザーの身長や年齢といった情報の入力だと思います。

これがなぜ必要とされるかというと、

体脂肪率を測る仕組みが生体電気インピーダンス法という、

筋肉のほうが脂肪よりも電気を通しやすいという特性を利用し、

身体に微弱な電流を流し、

その結果と身長や体重・年齢といったデータから体脂肪率を推計するというものです。

推計するというのは、統計に基づいて行われるので、

例えば、身長から体重を引いた値が小さい人にとってはどうしても不利です。

なぜなら、大量に体脂肪をつけて身長から体重を引いた値を小さくするほうが、

筋肉をつけて身長から体重を引いた値を小さくするほうが手間もかかるし、

難易度が段違いに高いからです。

つまり、統計からはみ出してしまうため、機械が対処しきれないのです。

また、電流の流れやすさについてですが、

筋肉が発達してくると、丸みが出てきます。

三角筋や大胸筋が特にわかりやすいかと思います。

ただ、残念なことに、脂肪が大量についた人の身体も丸みを帯びていますね。

何が言いたいかというと、筋肉を発達させることによって、

電気の流れにくさは脂肪に近づいていくのです。

このような理由から、ウエイトトレーニングに本気で取り組んで

筋肉を増やしたいという人は、体脂肪計の数字と勝負するのをやめましょう。

せっかく鍛えても、身長と体重の比や、

筋肉が発達すると丸みを帯びるという性質の都合上、

どう頑張っても体脂肪計のパーセンテージでガリガリの人には勝てません。

大切なのは、見た目や長さの測定です。

例えば、腹筋が割れてきたとか、

胸囲が初めて100cmを超えたとか、

そういったことを大切にしてほしいのです。

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です