僧帽筋・三角筋に効くアップライトロウのやり方について!手幅は?

どうも、管理人のタッキーです。

今回は、久しぶりに筋トレの方法についての記事を書きます。

アップライトロウについてです。

アップライトロウは、主に僧帽筋・三角筋に効くエクササイズで、

三角筋が大きくなることによって肩幅が広くなったり、

僧帽筋が大きくなることによって身体の厚みが増したりします。

では、やり方について述べていこうと思います。

アップライトロウのやり方

アップライトロウイングは、上の動画のようにして、

バーベルを手のひらが自分の立っているほうを向くようにして握って立ち、

ひじから動くような意識でバーベルを持ち上げていきます。

動画では、EZバーが使われていましたが、使うバーはストレートバーでも構いませんし、

ダンベルで行う方法もあります。

僕は、ひじから動くということが意識しやすいものを

用いればよいのではないかと考えています。

また、重さの選択についてですが、これについては意見が分かれると思います。

僕がアップライトロウをやると、多少のチーティングをして反動をつけ持ち上げたほうが、

反動をつけずにストリクトにやった場合に比べて強い負荷がかかるような感じがあるので、

多少のチーティングを伴った動作でアップライトロウを行っています。

ただ、チーティングをしないことをすすめる人も多くいると思うので、

チーティングを使う方法とストリクトに行う方法の両方を試してみて、

自分に合う方法を選ぶのが良いのではないかと思います。

アップライトロウの手幅!三角筋を狙う?僧帽筋を狙う?

手幅については、広くしたほうが三角筋に効きやすく、

狭いほうが僧帽筋に効きやすい傾向にあると思います。

リアレイズで負荷が僧帽筋に入らないようにするために、

なるべく負荷を自分の身体から離れたところで動かそうとすることを思い起こせば

わかりやすいかと思います。

それと同じで、身体の中心から離れたところで負荷を扱えば、

僧帽筋への負荷の入りやすさは減少します。

また、僧帽筋に入りにくくする方法として、

手を身体から離れたところにあげるようにすれば、

(ひじをあげる位置を身体から離せば、)

シュラッグのような肩甲骨の上方へのスライドが減るので、

僧帽筋に負荷が入りずらくなります。

僕はアップライトロウを三角筋のエクササイズとして行っているので、

僧帽筋に負荷が入りずらくすることを主眼に置いた書き方をしましたが、

僧帽筋のエクササイズとしてアップライトロウを取り入れたい人は、

僕と逆の考え方をしてもらえばよいと思います。

目的に応じて使い分けてください。

上に掲載した画像では、僧帽筋に効きやすいと思われます。

今回は以上です。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です